添加物を使わない

鏡を見て喜ぶ女性

乾燥肌になってしまう原因はいろいろと考えられますが、クレンジング剤のチョイスミスがそこに関わっているかもしれません。
というのも、研究の結果、クレンジング剤に配合されているメイク落としのための界面活性剤、防腐剤、アルコールなどの成分が、お肌に刺激を与え、乾燥肌を生み出してしまうことがわかったのです。
つまり、お肌をカチカチでカサカサな感じにしないためには、なるべく上記のような成分の含まれていないものを使用しなければならないということなのです。
簡単にいえば、人工的な添加物のないものこそ、パーフェクトなクレンジング剤だと言えるのです。
界面活性剤や防腐剤やアルコールを配合しているものは、確かにメイクをよく落としてくれますし、若々しいピチピチの肌質を誇る人には、特に良くない影響をおよぼすことはありません。
ただ、乾燥肌や敏感肌のように、特別なケアが必要な肌質の人にとっては、少々刺激が強すぎるということになるのです。

ひとつのクレンジング剤にはさまざまな成分が配合されていますが、無添加で、しかも植物性のオイルを利用したオイルタイプのものは、乾燥肌に良いと言われています。
上の段で取り上げたもろもろの人工添加物を含んでおらず、しかも美しい自然の中から生まれた植物性のオイルを使っているものこそ、注目すべきものだと言えるわけです。
植物性のオイルは、保湿性に優れているという特徴を持っています。
添加物なしでお肌を優しくいたわりつつ、オイルの働きでメイクを浮かして落とすことが出来、なおかつ植物性の特徴である保湿性を活かし、メイクを落としながらお肌に潤いを与えてくれるという働きをするのです。
メイクを落としつつスキンケアも出来る、そういうクレンジング剤を、私たちは選ぶことが出来るのです。