乾燥肌のメイク落とし

クレンジング中

乾燥肌の方は水分も油分も少なくなっていて、肌のバリア機能が弱っている状態にあります。 肌に最も負担のかかるメイク落としは、クレンジング剤を選ばないとさらに乾燥肌を悪化させてしまうことにも繋がります。 乾燥肌が最も避けるべきなのは、肌への刺激や摩擦です。 そのため、シートタイプやローションタイプの拭き取るクレンジング剤は、肌との摩擦が起きやすいので、避けるのが良いでしょう。 また、肌の乾燥が進みやすいオイルタイプも避けるのが賢明です。 オイルには界面活性剤がたくさん含まれていて、汚れ落ちが良い反面、肌を乾燥させやすいというデメリットがあるので、乾燥肌の方には向いていません。 どうしてもオイルが使いたい場合には、ホホバオイルやオリーブオイルなどの天然オイルがおすすめです。

クレンジングは夜するものというイメージがありますが、寝ている間に皮脂や汗をたくさんかく夏場には、朝のクレンジングがとても有効です。 寝ている間の汗や皮脂、前の晩のスキンケアの油分などが肌に残っているため、洗顔するだけでは、汚れがきちんと落とせない場合があります。 油性の汚れが肌に残ってしまうと、毛穴詰まりを起こしたり、酸化して黒ずみなどの肌トラブルになってしまいます。 また、基礎化粧品の浸透も悪くなってしまい、化粧のりも良くないということにも繋がります。 朝用のクレンジング剤も出ていますし、乳液を塗って軽く拭き取るだけでも、汚れを取り除くことができます。 夏の朝のひと手間が美肌を作ることにも繋がるので、肌が汚れやすい夏は朝クレンジングを試してみましょう。